パパ ママ シンボル (2015)

敷地の高低差を活かし、あたかも建物が浮いているような外観。
外から伺える木調の部分がアプローチで、まずはこの気持ちの良い吹き抜けトンネルでおもてなし。
玄関に入るとこの家の核となる光庭と大きなカウンターが来訪者をむかえます。
このカウンターはお子さまの勉強机や奥さまのワークスペース、はたまたお友達とのお茶飲みカウンターとなるか、今後のなりゆきに注目(?!)です。
リビングにも面するこの光庭とカウンターですが、存在感のあるリビング階段でそれとなく区切り、ほんの少し独立性も持たせることで使い方に幅が出るようにしています。
リビングの高い天井(3.3m)と壁のアクセントカラーはお施主さまのご希望。楽しくもすっきりとした南向きのリビングです。

T邸/木造/2階建て/2015年/京都/写真:平井美行